ガムテープで痛みに耐えながらすね毛を脱毛していませんか?

お手軽でお金もかからないし、よくテレビで芸人さん達がやってたりしますが、決して真似をしてはいけません!

ガムテープで無理やり処理すると痛いばかりでなく、次のような肌トラブルの原因となってしまいます。

ガムテープ脱毛で起こりやすい4つの肌トラブル

  • 埋没毛
  • 肌荒れ
  • 毛のう炎
  • 多毛化・硬毛化

埋没毛

ガムテープで無理やり毛を抜くことによって、一部の毛は毛包内で切れてしまいます。

ちぎれた毛の先端は尖っており、さらに皮膚の中を突き抜けて成長します。

こうしてできるのが「埋没毛」です。

埋没毛は薄いホクロのように見えるため、肌の見た目を悪くしてしまいます。

肌荒れ

ガムテープは肌の角質まで剥がしてしまいます。

しかも、ブラジリアンワックスとは違って1度に全部抜けることはなく、繰り返し何度も行うため肌荒れが起こりやすいです。

保湿をしっかり行っても、肌の表面組織が剥がれてしまっている状態なので、気休めにしかなりません。

毛のう炎

ガムテープで脱毛したあとの毛穴は開いており、雑菌が侵入しやすい状態です。

毛穴に雑菌が入り込むと「毛のう炎」ができます。

毛のう炎はニキビのようなもので、放置しておけば自然と治りますが、足は衣服と擦れやすいため、潰れて痕が残ることもあります。

多毛化・硬毛化

「毛を抜くと濃くなる」という噂を聞いたことがありませんか?

これは多毛化・硬毛化と呼ばれる現象で、詳しい原因は解明されていませんが、毛を抜くことで周囲の細胞が活性化し、眠っていた毛穴に新しい毛が生えたり、産毛が太く成長すると言われています。

すね毛の正しい処理方法

ガムテープを使った脱毛は痛いだけでなく、様々な肌トラブルの原因となりやすいなど、デメリットばかりです。

では日頃、どうやって処理すれば良いのか?

ここからは正しいすね毛の処理方法について解説します。

シェーバー・カミソリで剃る

剃ることにもカミソリ負けなど、肌へのダメージは多少あります。

しかし、ガムテープで抜くより100倍マシです。

自然に薄くするなら「すきカミソリ」がオススメ。

ツルッツルに剃るなら小型の電気シェーバーが使いやすいでしょう。

除毛クリームで処理する

除毛クリームとは、毛を溶かす成分(チオグリコール酸カルシウム)を含むクリームのことです。

  1. 除毛したい部位に塗る
  2. 10分ほど待つ
  3. 拭き取って洗い流す

たったコレだけで手軽に処理できるのでオススメ。

カミソリ負けもありません。

また、シェーバーで剃ると毛先がとがってチクチクしますが、除毛クリームは毛先が丸くなるため、チクチクしないのもメリットの1つです。

男性のすね毛にオススメの除毛クリームは↓

男性のすね毛処理にオススメの除毛クリーム3選

医療レーザー脱毛で永久脱毛する

完了してしまえば、お手入れが一切いらなくなるのが医療レーザー脱毛です。

レーザーの熱で毛根にある毛の生成細胞を破壊して、毛を生えなくします。

すね毛レーザー脱毛:人気クリニックの料金比較表

すね毛のレーザー脱毛は8~12万円ぐらいが相場で、「すね毛のみ」よりも「足全体」が人気です。

メンズリゼ 湘南美容外科
ヒザ下(すね毛)のみ
5回
89,800円
6回
81,000円
足全体(太もも+ヒザ下)
5回
119,800円
6回
162,000円

すね毛の永久脱毛について、詳しくはこちらをご覧ください↓

【すね毛】永久脱毛パーフェクトガイド2017

まとめ:ガムテープは卒業しよう

いかがでしたか。

日頃の処理・お手入れにはシェービング、または除毛クリームが手軽で肌へのダメージも小さくオススメです。

男性のすね毛処理にオススメの除毛クリーム3選

また、処理が面倒な人は永久脱毛という選択肢もあります。

【すね毛】永久脱毛パーフェクトガイド2017

レーザー脱毛の費用は10万円前後と決して安くありませんが、完了してしまえば、すね毛の処理に消費する時間を節約することができます。

長い目で見れば十分ペイできる自己投資だと思いますよ。

この記事をシェアする
すね毛脱毛