エステサロンとクリニックの違い

『メンズ脱毛』と聞くと「MEN’S TBC」や「ダンディハウス」といった、メンズエステサロンをイメージする方も多いでしょう。

クリニックの脱毛とエステサロンの脱毛、一番の違いはその脱毛効果です。

このページではクリニックで行われる『医療レーザー脱毛』、エステサロンで行われる『光脱毛』そして『美容電気脱毛』について、それぞれの違いやメリット・デメリットを解説します。

レーザー光線による永久脱毛ができるのはクリニックだけ

カルテを持った医者

医療クリニックでは『レーザー脱毛』、エステサロンでは『光脱毛』が主流となっており、一部の大手エステサロンでは『美容電気脱毛』と呼ばれる脱毛法も行われています。

この中でFDA(米国食品医薬品局)により永久脱毛と認められている脱毛法は『レーザー脱毛』『美容電気脱毛』です。

『光脱毛』は永久脱毛ではありません。

エステサロンの『光脱毛』は一時的な除毛・減毛

2001年、エステサロンの脱毛行為による火傷など肌トラブルの増加により、厚生労働省は以下のような通達をしました。

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

現在エステサロンで主流となっている『光脱毛』はレーザー光線を使用した脱毛法です。

今でこそ『光脱毛』や『美容ライト脱毛』などと呼ばれ医療用レーザーとは区別されていますが、この通達が出る前は『美容レーザー脱毛』や『レーザーライト美容脱毛』という名前で呼ばれていました。

ではなぜ現在エステサロンで行われている『光脱毛』が医師法違反にならないかというと、毛乳頭を破壊しない程度の出力に抑える『自主規制』をしているためです。

エステティックサロンで行う美容ライト脱毛の範囲

1.通知に抵触するような施術を行わないこと
2.毛乳頭・皮脂腺開口部を破壊しないということは現象面で毛の再生があること
3.一時的な除毛・減毛であること
以上を徹底すること

『美容電気脱毛』は永久脱毛、だけど時間と費用がすごく掛かる

美容電気脱毛

もう1つエステサロンで行われている脱毛方法に『美容電気脱毛』というものがあります。

MEN’S TBCやダンディハウスで行われている方法で、専門的で高度な技術が必要なため小規模の脱毛サロンではほとんど行われていません。

レーザー脱毛と同じくFDA(米国食品医薬品局)により永久性を認められた脱毛方法ですが、1本1本毛穴に器具を挿入する施術のため脱毛範囲が広い・本数が多いと、費用が高額になってしまうデメリットがあります。(関連:美容電気脱毛について

『レーザー脱毛』と『光脱毛』の違いは?それぞれのメリット・デメリットを比較

比較

ではクリニックの『医療レーザー脱毛』とエステサロンの『光脱毛』、それぞれどのような特徴・違いがあるのか、メリット・デメリットをみていきましょう。

医療レーザー脱毛のメリット

  • 脱毛効果が高い
    医療レーザー脱毛はレーザーの熱で毛乳頭細胞を破壊する医療行為です。脱毛効果が非常に高く、FDA(米国食品医薬品局)により永久脱毛(Permanent Hair Removal)と認められています。
  • 少ない回数で脱毛が完了する
    1回1回の効果が高いため、部位にもよりますが約5回の照射でほとんどの人が満足します。光脱毛で同じぐらいの効果を得ようとすると、およそ3倍の回数が必要です。
  • 医療機関なので安全性が高い
    レーザー脱毛は医療機関で行うため火傷や皮膚炎などのトラブルの際、その場で対応・治療してもらうことができます。

医療レーザー脱毛のデメリット

  • 痛みが強い
    技術の進歩により痛みは小さくなっていますが、部位によっては麻酔無しじゃ耐えられないという人もいるほどです。ほとんどのクリニックでは3,000円ほどの追加料金で麻酔ガスやクリームが使用できるので是非利用しましょう。
  • 1回あたりの料金が高い
    レーザー脱毛は自由診療で保険が適用されず、クリニックによって料金が異なります。1回あたりの料金は光脱毛より高額であることがほとんどです。
  • 火傷や毛嚢炎のリスクが高い
    光脱毛もゼロではありませんが、レーザー脱毛のほうが高出力のため火傷など肌トラブルのリスクは高くなります。

エステ光脱毛のメリット

  • 痛みが小さい
    出力がレーザー脱毛よりも抑えられているため、痛みは比較的小さいです。
  • 1回あたりの料金が安い
    照射1回あたりの料金はレーザー脱毛よりも安いことが多いです。クリニックよりも広告規制がゆるいため、初回体験コースやキャンペーンを上手く使ってお得に脱毛することもできます。
  • 火傷のリスクが低い
    その場で治療することができないため、エステサロンでは絶対に火傷を起こさない出力で照射します。

エステ光脱毛のデメリット

  • 脱毛効果が低い
    光脱毛の効果はあくまで一時的な除毛・減毛であるとされています。通い続けることで毛量は少しずつ減っていきますが、効果はレーザー脱毛よりも圧倒的に低いです。脱毛が終わったと思ったらまた生えてきた…なんてケースもあります。
  • 回数がかかる
    レーザー脱毛と同程度の効果を得るためには、およそ3倍の照射が必要と言われています。1回あたりの料金は安くても、トータル費用では高額になってしまうケースも多いです。
  • 肌トラブルの際に薬を処方できない
    炎症や肌荒れが起きてしまった際エステサロンは薬を処方することができません。またレーザー脱毛では照射後に炎症止めの薬を塗ってもらえますが、エステサロンでは薬の変わりに冷却ジェルや化粧水を使用します。
  • 強引な勧誘があることも
    エステサロンに多いのが勧誘トラブルです。もちろん全てのエステサロンがそうだという訳ではありませんが、たとえ大手でも勧誘に関する悪い口コミをよく目にします。特に激安の初回体験コースをやっているエステサロンは、本契約しないと採算が取れないため勧誘される可能性が高いです。

医療レーザー脱毛を選ぶほうが失敗しにくい

クリニックの『レーザー脱毛』、エステサロンの『光脱毛』『美容電気脱毛』の特徴をざっくりまとめると以下のようになります。

総合
  レーザー脱毛 光脱毛 美容電気脱毛
効果
永久性有り 一時的な減毛 永久性有り
料金
高額 安い 非常に高額
痛み
勧誘
ほとんど無し 体験コースのあるサロンで特に多い

永久性のある高い効果の脱毛ができるのは『医療レーザー脱毛』または『美容電気脱毛』です。

エステサロンには広告規制がないため一見すると料金が安く魅力的に見えますが、『光脱毛』は効果が薄く、『美容電気脱毛』は本数が多いと高額になりやすいデメリットがあります。

部位によっては薄くするだけなら『光脱毛』のほうが安く済むこともありますが、ほとんどの場合『医療レーザー脱毛』の方がトータル費用を抑えることができるでしょう。

もちろん同じ『医療レーザー脱毛』でもクリニックによって料金はもちろん、使用しているレーザー機種にも違いがあり、効果の大小は変わってきます。

 

この記事をシェアする
メンズ脱毛の知識