医療レーザー脱毛ではクリニックによって導入されているレーザー機器の種類・数が異なります。

どれも効果は同じ…ではなく機器によって得意な部位・苦手な部位があり、さらには肌質や毛質など個人差によっても最適な機器は変わってしまうため、長年経験を積んだ医師でもその人に合ったレーザーを選ぶのは難しいです。

このページではそれぞれのレーザー脱毛機器の特徴・どのレーザーがどの部位に適しているのかをまとめました。

脱毛に使用されるレーザーは媒体によって3種類に分類される

医療クリニックの脱毛で主に使用されるレーザーは

  • ダイオードレーザー
  • アレキサンドライトレーザー
  • YAG(ヤグ)レーザー

の3種類です。

その名が示すようにダイオードレーザーは半導体(ダイオード)、アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという鉱石、YAGレーザーはイットリウム・アルミニウム・ガーネット(Yttrium・Aluminum・Garnet)で構成される化合物を媒体としています。

波長によって作用する位置が異なる

これら3種類のレーザーはそれぞれ波長が違います。「波長が違う」とは簡単に説明すると「反応する色素が異なる」ということです。

短い波長は浅い毛根に、長い波長は深い毛根に効果が高くなります。

タイプ 波長 特徴
アレキサンドライト 755nm 一般的な日本人の肌色・体毛に効果が高い波長

ダイオード

810nm 他の体毛よりも深い位置にある「髭の毛根」に効果が高いといわれている波長
YAG(ヤグ) 1064nm 色素沈着した部位や日焼けした色黒の肌、濃く根深い毛に効果が高い波長

一般的な体毛にはアレキサンドライト、髭などの根深く太い毛にはダイオード・YAG(ヤグ)レーザーを使用することが多いです。

人気クリニックの導入レーザー機器一覧

メンズ脱毛で人気のクリニック「湘南美容外科クリニック」「メンズリゼクリニック」「ゴリラクリニック」で導入されているレーザー機器は以下の様になっています。

  配備マシン数 レーザー機種
湘南美容外科

【アレキ】ジェントルレーズ
【ダイオード】メディオスター(院による)

1~2種類
(院による)
メンズリゼクリニック 【ダイオード】ライトシェアデュエット
【YAG】ジェントルYAG
【ダイオード】メディオスター
3種類
ゴリラクリニック 【ダイオード】ライトシェアデュエット
【YAG】ジェントルYAG
【アレキ】ジェントルレーズ
【ダイオード】メディオスター
4種類

最も普及しているダイオードレーザー『ライトシェアデュエット』の特徴

レーザー機器の中では最大である22x35mm照射口と独自の吸引システムによる痛みの少ないスピーディーな照射が、ライトシェアデュエットの特徴です。

吸引によって毛のメラニンに効果的にレーザーを照射し、小さい出力で高い脱毛作用が得られます。

ヤケドのリスクが非常に低いためジェルを塗る必要がなく、従来の1/3ほどの時間で施術できるようになりました。

こちらがライトシェアデュエットの施術の様子です。吸引によってギュッとにぎられるような感覚があります。

またライトシェアデュエットには大きさの違う2つのハンドピース、ETハンドピース(9×9mm)とHSハンドピース(22x35mm)が搭載されています。

髭やVIOなど細かい部位にはETハンドピース、胸や脚など広い範囲には大きなHSハンドピースが使用されます。

湘南美容外科の主力『ジェントルレーズ』の特徴

ジェントルレーズは国内で最も多く使用されている医療用レーザーです。

業界最大手の湘南美容外科ではこのジェントルレーズが主に使用されています。

ガス冷却システムを搭載しており、ジェルを塗る必要がありません。

直径18mm(500円玉ぐらい)の大きい照射口と1秒間に2発の照射スピードで、広範囲の脱毛もスピーディーに行うことができます。

波長が短いため黒い色素に反応しやすく、日焼けした肌や色素沈着がある部位はヤケドのリスクが高いため照射できません。

また髭などの毛が密集している部位は特に痛みが強いです。

多少の日焼けや色素沈着した部位にも効果的『ジェントルヤグ』の特徴

ジェントルYAGは、ジェントルレーズと同様ガス冷却システムを搭載したヤグレーザーです。

レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射することでヤケドのリスクが軽減され、ジェルを塗る時間を短縮・痛みを大幅軽減しています。

ヤグレーザーは波長が長いため黒い色素に反応しにくく、他のレーザーでは難しい色素沈着した部位の脱毛が可能です。(ただし激しすぎる色素沈着や、極度の日焼けは照射を断られる場合があります)

特にVIOは色素沈着が激しく、毛根も深い位置にあるのでヤグレーザーが適しています。

バルジ領域をターゲットにした痛みの少ない『メディオスター』の特徴

痛みが圧倒的に少ないとして最近人気が高まっているのが『メディオスター』です。

これまでの医療レーザー脱毛では毛根の最深部にある「毛乳頭細胞」を破壊することで、毛を生えてこなくしていました。

しかし2000年代に「バルジ領域」という毛の生成に重要な働きをしている組織が発見され、これを破壊すれば毛は生えてこなくなるという説から生まれたのがメディオスターです。

「バルジ領域」は毛根の浅いところにあるため低い出力でも十分にダメージを与えることができ、痛みがこれまでの医療用レーザーより圧倒的に小さくなっています。

1回1回の照射で「毛乳頭細胞」を瞬時に破壊するこれまでのレーザーと違い、メディオスターは蓄熱式により少しずつ熱を加えていくため、滑らせるように何度も照射するのが特徴的です。

またメディオスターは冷却装置を搭載していますが、滑りをよくするためジェルを塗る必要があります。

痛みが少ないとは言われていますが、人によっては連射されると十分痛いという方もいらっしゃるようです。笑気麻酔はケチらず使用したほうが良いでしょう。

メディオスターはパワー不足?効果に疑問の声も

メディオスターなどバルジ領域をターゲットとした医療用レーザーはまだ歴史が浅く、長期的なデータが少ないため効果に疑問の声もあります。

存在する場所が特定できていないため、現段階では、バルジ領域をターゲットとした脱毛の効果について完全な確約はできないと考えてます。

もしバルジ領域のみ選択的に確実に破壊する事ができれば最強の脱毛機と言えますが、バルジ領域が破壊された指標が施術者が判断できない欠点があります。レーザー脱毛施術では出力設定が最も大切ですので他覚的、自覚的に照射効果のエンドポイントを判断できない事も大きな懸念です。

今後の脱毛効果のデータに期待しています。

失敗してしまう可能性もあるため、他にも何種類かのレーザーが用意されているクリニックを選ぶ方が良いでしょう。

どの部位にどのレーザーが向いている?

波長の短いアレキサンドライトレーザーは一般的な体毛(胸毛・すね毛など)、ダイオードレーザーは髭などの根深い毛根、ヤグレーザーは色素沈着の激しい部位に向いています。

  胸毛
すね毛
VIO
ジェントルレーズ
ジェントルヤグ
ライトシェアデュエット
メディオスター

ただし肌の色や毛質によっても変わるので一概には言えません。

導入レーザー数が最も多いのはゴリラクリニック!

たとえば「ジェントルレーズで髭脱毛を試したが効果が薄く、メディオスターに変えてみたら効果が出た」というケースがあります。もちろん逆のパターンもあるでしょう。

レーザー機種それぞれに特徴があり個人差もあるため、マシンの数は多いに越したことはありません。

人気クリニックの中で最も多くのレーザーマシンを導入しているのは『ゴリラクリニック』です。

  配備マシン数 レーザー機種
湘南美容外科

【アレキ】ジェントルレーズ
【ダイオード】メディオスター(院による)

1~2種類
(院による)
メンズリゼクリニック 【ダイオード】ライトシェアデュエット
【YAG】ジェントルYAG
【ダイオード】メディオスター
3種類
ゴリラクリニック 【ダイオード】ライトシェアデュエット
【YAG】ジェントルYAG
【アレキ】ジェントルレーズ
【ダイオード】メディオスター
4種類

ゴリラクリニックなら、失敗しない脱毛ができます。

まずは無料カウンセリングへ

この記事をシェアする
メンズ脱毛の知識