ムダ毛の中でも特に嫌われやすい男性の乳毛(パイ毛・乳輪周りの毛)。

胸毛は生えていないのに、なぜか乳毛だけ生えているという方も多くいます。

そんな乳毛の処理方法を、「自宅で簡単にできる方法」と「お店で処理してもらう方法」の2つに分け、それぞれのメリット・デメリットや、処理するときの注意点についてまとめました。

自宅で簡単にできる処理方法を比較

おすすめ 痛み メリット デメリット
お金も時間もかからない 肌や乳頭を傷つけてしまう可能性がある
すぐ元に戻ってしまう
剃るよりも長持ち
処理後の見た目がキレイ
毛量が多いと時間がかかる
埋没毛になってしまう可能性がある
剃るよりも長持ち
一度に広範囲を処理できる
埋没毛の可能性がある
狭い範囲には向かない
剃るよりも長持ち
乳頭を傷つけてしまう心配がない
肌荒れを起こす可能性がある
処理を繰り返すことで
生えてくる毛が薄くなる
火傷を起こす可能性がある
本体代やカートリッジ代が高額

カミソリや電気シェーバーで剃る時は慎重に!

カミソリや電気シェーバを使って剃る方法はお手軽で、最も多くの男性が行っている自己処理です。

カミソリで剃る場合は必ず石鹸やローション、ヒゲ剃りに使うシェービングフォームなどで肌を保護し、乳頭(乳首)を傷つないように注意しましょう。

乳輪にはモントゴメリー腺と呼ばれるブツブツがあるので、カミソリで処理すると、肌を傷つけてしまいやすいです。

電気シェーバーなら石鹸やローションも不要で、カミソリよりも安全に処理することができます。

小回りの効く「フェイス用シェーバー」が剃りやすくてオススメです。

毛抜きには「埋没毛」のリスクがあります

 

乳首の周りにチョロっと数本だけ生えているような状態なら、わざわざ剃らずに抜いてしまう方も多いです。

しかし乱暴に抜いてしまうと肌を傷つけたり、「埋没毛」の原因となってしまうので注意しましょう。

埋没毛

埋没毛とは、抜く時に毛穴の中でちぎれてしまい、そのまま毛穴の中で成長してしまった毛のことです。

埋没毛は炎症やブツブツの原因になり、肌の見た目を悪くしてしまいます。

ブラジリアンワックスは狭い範囲の脱毛には不向き

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは「広範囲の毛を一気に抜ける」ことがメリットの処理方法です。

乳輪周りなど、ピンポイントの処理には向いていません。

毛抜きと同じく、埋没毛のリスクもあります。

除毛クリームを使用する際は必ずパッチテストを!

除毛クリームとは、毛を溶かして処理するクリームのことです。

除毛クリームの有効成分「チオグリコール酸カルシウム」には、タンパク質を溶かす作用があります。

ただし、人間の肌もタンパク質なので、肌の弱い方は肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

使用前は必ず、肌がクリームの成分に耐えられるかどうかを確認する「パッチテスト」を行ないましょう。

「パッチテスト」は次の順序で行います。

  1. 除毛クリームを使用する部位に10円玉の大きさぐらい塗る
  2. 規定の時間(商品によって5~10分)待ち、クリームを拭き取る
  3. 24時間ほど肌の様子を見て、異常がないか確認する

かゆみ・ヒリヒリなどの異常が無いことを確認してから、本格的に除毛クリームを塗るようにしましょう。

胸毛にオススメの除毛クリームはこちら↓

胸毛・腹毛の処理にオススメの除毛クリーム3選

家庭用脱毛器はヤケドに注意!低出力から始めよう

日本で発売されている家庭用脱毛器は主に

  1. レーザー式(例:トリア)
  2. フラッシュ式(例:ケノン
  3. サーミコン式(例:ノーノーヘア)

の3種類です。

「サーミコン式」は毛を焼き切るだけですが、「レーザー式」と「フラッシュ式」は使用を続けることで少しずつ毛量を減らすことができます。

ただし使用する際は、必ず低いレベルから照射を始めるようにしましょう。

「レーザー式」と「フラッシュ式」はどちらも、医療用レーザーと同じ「黒色メラニン色素」に反応する仕組みです。

「乳輪周り」は特に肌の色素が濃いため、肌にまで光線が反応してしまいヤケドの恐れがあります。

実際に「ケノン」のレベル10で乳輪に照射し、軽いヤケドのような状態になってしまった方もいるようです。

脱毛照射後の翌日から乳輪の周りが非常に痛痒くなり、赤くなっています。
かなりの痒さです。これは完全に軽い火傷状態です。

やはりレベル10のシングルショットは無謀でしたね。

人気No.1脱毛器「ケノン」公式サイトはこちら

お店で処理してもらう方法を比較

おすすめ 費用
(目安)
効果 痛み メリット デメリット
1回6,000円~ 医療機関なのでサポート万全 痛みがある
乳輪周りはヤケドのリスクが高い
1回6,500円~ 痛みが小さい レーザー脱毛よりパワーが弱い
乳輪周りはヤケドのリスクが高い
1本130円~ 1本ずつ確実に処理できる
少ない本数なら安い
痛みがある
広範囲には向かない

乳輪内の色が濃い部分はレーザー脱毛・光脱毛では難しい

医療機関で行う「レーザー脱毛」は黒色に反応するレーザーを使用するため、乳輪内の色素が濃い部分はヤケドのリスクが高まります。

そのため、乳輪内への照射は基本的に行っていないクリニックが多いです。事前にしっかり確認しておきましょう。

乳輪内に生えている体毛につきましては火傷のリスクや、効果の観点から当院では基本的にレーザー照射を行っておりません。

光脱毛も同じ理由で、脱毛できないサロンが多いです。

Q.乳輪の中にも毛が生えているのですが、脱毛できますか?
A.乳輪の中は色素が濃いため基本的には脱毛できませんが、毛の生え具合と出力調整によりできる場合も
ありますので、カウンセリング時にご相談ください。

管理人

照射できたとしても、色素が濃い部分は出力を下げないといけないので効果はイマイチ。乳輪内はレーザー脱毛よりも、次に解説するニードル脱毛が向いています。

乳輪周りなどピンポイントの脱毛にはニードル脱毛(美容電気脱毛)がピッタリ!

乳輪周りの永久脱毛には「ニードル脱毛(美容電気脱毛)」が最適です。

ニードル脱毛の最大のデメリットは「1本ずつ処理するため、範囲が広いと高額になってしまう」ことですが、乳輪周りなら本数も少ないので、費用はそれほどかかりません。

ニードル脱毛は「メンズTBC」または「ダンディハウス」で受けることができます。

メンズTBC ダンディハウス
基本料金
1本130円~ 30分8,100円~
入会金
基本的に不要 32,400円
初回体験
150本1,000円
(乳首周り除く)
30分5,400円
(乳首周りOK)

管理人

オススメは入会金なしで1本130円から脱毛できる「メンズTBC」ですが、「ダンディハウス」は体験コース(30分5,400円)で乳輪周りも脱毛できます。

どちらも全国展開している大手サロンなので、まずは両方に足を運んでみるのも良いでしょう。

まとめ:自己処理の際は肌を傷つけないよう注意を!

以上、男の乳毛(パイ毛・乳輪周り)処理方法まとめでした。

自分に合った方法は見つかりましたでしょうか?

定期的に自己処理する場合は「電気シェーバーで剃る」か「除毛クリームで処理する」方法がオススメ。

ただし乳輪周りはデリケートで傷つけてしまいやすいので、剃るときは十分注意してください。

胸毛の処理におすすめの除毛クリームは↓の記事でご紹介しています。

胸毛・腹毛の処理にオススメの除毛クリーム3選

乳輪周りをピンポイントで永久脱毛するなら「ニードル脱毛(美容電気脱毛)」がピッタリです。

この記事をシェアする
胸毛・腹毛(ギャランドゥ)脱毛