フィーモ エピDX PLUS

「フィーモ エピDX PLUS(旧製品:エピプレミアムクリームDX)」は500gの圧倒的大容量が特徴の除毛クリームです。

コストパフォーマンスは間違いなく最強の除毛クリームでしょう。

低刺激性で、除毛クリームには珍しい「アンダーヘアの使用もOK」となっています。

フィーモ エピDX PLUSのおすすめポイント

  • 500gの超大容量で気兼ねなく使える
  • ポンプ式なので出しやすく、塗りやすい
  • アンダーヘアにも使える低刺激性
容量 500g
価格
Amazon
2,980円~
※日によって変動します
コスパ 5.96円/1g
付属品 なし
生産国 日本
返金保証 なし
NG部位 頭・顔

Amazonでチェックする

フィーモ エピDX PLUSのQ&A

旧製品:エピプレミアムクリームDXとの違いは?
比較したところ、配合成分に違いは見られませんでした。パッケージが変わっただけのようです。
顔・ヒゲに使用できますか?
いいえ。顔・ヒゲには使用できません。
VIO・アンダーヘアに使用できますか?
はい。「フィーモ エピDX PLUS」はアンダーヘアにも使用できます。使用前はパッチテストを必ず行ってください。
敏感肌でも使用して大丈夫ですか?
はい。「フィーモ エピDX PLUS」は低刺激で、敏感肌にも使用できます。
1本(500g)でどれぐらい除毛できますか?
毛量にもよりますが、両足のすね毛でおよそ15回分ほど除毛できます。
返金保証はついてないの?
はい。残念ながら「フィーモ エピDX PLUS」には返金保証がありません。低刺激性とは言え、除毛クリーム自体が肌に合わない可能性もあるので、初めての除毛クリームは返金保証付きのものを選ぶことをオススメします詳しくはこちら。

フィーモ エピDX PLUSのまとめ

一般的な除毛クリームは100g~250g程度の容量のものが多いですが、「フィーモ エピDX PLUS」は500gという圧倒的ボリュームとコストパフォーマンスがポイントです。

除毛効果も、他製品と遜色ないという評判が多く、たくさん使いたい人にはベストな除毛クリームでしょう。

ただ1つ残念なのは、返金保証が無いことです。なので、除毛クリームが初めてという方にはあまりオススメしません。

「フィーモ エピDX PLUS」はアンダーヘアにも使える低刺激の除毛クリームですが、除毛クリームが全くダメという方も稀にいます。

最初は返金保証のある除毛クリームで、自分の肌の強さを確認しておくのが大切です。

Amazonでチェックする

フィーモ エピDX PLUSの口コミ

簡単・キレイ・コスパ良し!(クロウさん)

量が多く、ポンプ式なので非常に使いやすいです。肌もヒリヒリしないし、しっかりキレイになりました。

かなりの量です(Fitさん)

全身に使いまくりましたが、もう4,5回は使えそうです。効果も、他の商品と大差なかったので、これが1番だと思います。臭いが少し気になりますが

口コミを投稿する


※スパム防止のため、口コミは管理人の承認後に掲載されます

フィーモ エピDX PLUSの全成分詳細

フィーモ エピDX PLUSには有効成分である「チオグリコール酸カルシウム」の他にも、次のような成分が含まれています。

ポリオキシエチレンセチルエーテル、親油型モノステアリン酸グリセリル、ポリオキシプロピレングリセリルエーテル、パルミトイルメチルタウリンナトリウム、モノオレイン酸ソルビタン、α-オレフィンオリゴマー、ミリスチルアルコール、植物性スクワラン、ホホバ油、尿素、ダイズエキス、チャエキス、カルベノキソロンナトリウム、ベヘニルアルコール、セタノール、水酸化カリウム、銅クロロフィリンナトリウム、香料

これらの成分の効果、肌への安全性などについて、詳しく調べてみました。

有効成分「チオグリコール酸カルシウム」

日本で販売されている除毛クリームのほとんどが、この「チオグリコール酸カルシウム」を主成分としています。

タンパク質を分解して毛を溶かす性質があり、この「チオグリコール酸カルシウム」の濃度によって除毛効果は決まると言ってもいいでしょう。

ただし「チオグリコール酸カルシウム」は肌のタンパク質にも反応するため、敏感肌の方は肌荒れを起こす可能性があります。

一般的に女性向けのものや「敏感肌用」と書かれているものは「チオグリコール酸カルシウム」の濃度を低めにしており、男性向けのものや「剛毛にも使える」と書かれているものは濃度を高くして、除毛力を調整しています。

その他の成分

  • ポリオキシエチレンセチルエーテル
    人体に安全な非イオン性界面活性剤で、乳化剤として使用されています。
  • 親油型モノステアリン酸グリセリル
    乳化剤として使用されています。
  • ポリオキシプロピレングリセリルエーテル
    保湿成分です。
  • パルミトイルメチルタウリンナトリウム
    界面活性剤として使用されています。
  • モノオレイン酸ソルビタン
    「オレイン酸」と「無水ソルビトール」のモノエステルで、乳化剤として使用されます。
  • α-オレフィンオリゴマー
    特殊な精製技術により精製される合成炭化水素で、保湿作用・ph調整作用などがあります。
  • ミリスチルアルコール
    天然植物油から抽出される高級アルコールで、主に乳化安定助剤として使用されています。
  • 植物性スクワラン
    人体にも含まれる天然の保湿剤で、工業的には主に「深海鮫の肝油」から抽出されて作られます。
  • ホホバ油
    「ホホバ」という植物から抽出されるオイルで、保湿効果に優れています。
  • 尿素
    保湿クリームに広く使われている有機化合物です。
  • ダイズエキス
    「大豆の種子」から抽出されたエキスで、主成分の「イソフラボン」は保湿・美白・肌荒れ防止など美肌効果があります。
  • チャエキス
    「緑茶の茶葉」から抽出したエキスで、保湿・消臭効果があります。
  • カルベノキソロンナトリウム
    保湿剤・肌荒れ予防成分として使用されています。
  • ベヘニルアルコール
    乳化剤として使用されています。
  • セタノール
    牛脂などを還元して得られる高級アルコールで、皮膜を作り乾燥から肌を守る働きをします。
  • 水酸化カリウム
    pH調整剤、乳化剤として使用されています。
  • 銅クロロフィリンナトリウム
    酸化防止剤、脱臭剤として使用されています。
  • 香料
    除毛クリーム独特のイヤな臭いを抑えるためのものです。
この記事をシェアする
除毛クリーム