最近では、髭脱毛をされる男性が多くなっています。中でも人気は、効果・安全性が高い「レーザー脱毛」です。

レーザー脱毛は医療機関で行う脱毛ですが、絶対に安全というわけではありません。

やけど、まだら、毛嚢炎(もうのうえん)、黒ずみ・色素沈着など様々なリスクがあります。

ヒゲ脱毛で起こりうるリスクそれぞれの原因と対策について、詳しく見ていきましょう。

レーザーの熱による「やけど」

髭脱毛の方法として、レーザー脱毛や光脱毛があります。

どちらも熱を利用して脱毛をする方法です。

熱を毛根の周囲の細胞にめがけて集中的に与え、毛が生えるために必要な細胞の働きを止めることにより、毛が生えなくなる仕組みとなっています。

細胞の働きを止めるには高い熱量を必要とするためにやけどを起こしてしまうのです。

やけどの痕が残ってしまうこともあるため、髭脱毛する際には注意しなければなりません。

やけどの原因

やけどの原因のほとんどが、日焼けした肌に照射してしまうことです。

脱毛に使用されるレーザーは黒色に反応する性質があるので、肌が黒いと毛髪だけでなく肌にまで反応してしまい、火傷を起こしてしまいます。

また、日焼け以外に考えられる原因としては

  • 出力設定ミスなど、スタッフの技術不足
  • ホクロ・シミ・アザなど色が濃い部分への照射

などが挙げられます。

髭は普段のお手入れによるダメージで色素沈着していることも多く、火傷が起こりやすい部位と言われています。

やけどを防ぐには

  • 紫外線対策を万全に行い、日焼けを避ける
  • 照射技術・評判の高いクリニックを選ぶ
  • 肌の状態を定期的にチェックする

紫外線対策を万全に行い、日焼けを避ける

脱毛期間中は常に日焼けに注意しなくてはいけません。特に顔の日焼け対策は何もしない方が多いです。夏場外出の多い方はSPF50の日焼け止めクリームをしっかり塗り、髭の場合はマスクをするなどの対策をしましょう。

照射技術・評判の高いクリニックを選ぶ

一般的には町の小さな美容外科よりも、全国的に展開している大手クリニック(ゴリラクリニック・メンズリゼクリニック・湘南美容外科)のほうが安全性は高いでしょう。スタッフの教育カリキュラムもしっかりしていますし、症例や口コミの件数が違います。

肌の状態を定期的にチェックする

まれに、家に帰ってから火傷に気づくことがあります。「早く気づいていれば治せたのに、知らないうちに火傷の跡ができしまっていた。」ということもあるので、肌に異常を感じたり、痛みがある場合はすぐに医師の診療を受けるようにしましょう。

ヒゲの濃さが不自然にバラつく「まだら」

レーザー脱毛は成長期の毛根にしか効果がないため、1回の施術ではどうしてもまだら感が残ってしまいます。

何度も通院することで全体的に効果を実感できますが、必ずしもバランスよく減るわけではなく、ある程度の偏りは避けられません。

また他の部位の脱毛と比較すると、鼻下の髭は剛毛で密度があるので見た目がどうしてもまだらに見えてしまいます。

まだらが気になる方は、この様な事を踏まえて数回通院して全体的に完全に脱毛しなければなりません。

ニキビとは少し違う「毛嚢炎」

髭脱毛をする場合、充分な消毒や洗顔などで皮膚のケアを怠ると「毛嚢炎」などの炎症を引き起こすことがあります。

毛嚢炎になるとニキビのようなブツブツが肌に現れます。

人間の皮膚には通常は皮膚に悪影響を及ぼさないけれども、傷や髭脱毛などをきっかけに細菌が増殖し、増殖した細菌を排除するために白血球が攻撃を仕掛けることがあります。

細菌と白血球が戦い始めるとそこで炎症が起きます、症状としては皮膚の赤みが強くなったり進行すると痛みを感じるようになります。

特に顔は皮脂腺が発達しており皮膚の細菌は皮脂を栄養にして増殖しやすく、髭脱毛で毛嚢に欠損ができるとそこで細菌増殖が起きやすくなるため毛嚢炎が起きやすくなってしまいます。

ですから髭脱毛のあとは洗顔などのケアをいつも以上に気を付けて、丁寧に行ったほうが良いでしょう。

ただし、あまりごしごしとこするのは炎症を強くしてしまうため避けたほうが良いです。

症状は軽い場合がほとんどで、適切な処置をすると治ります。

髭脱毛の施術中に毛嚢炎になった時には、その場で医師が治療してくれます。

毛嚢炎が悪化して起こる「色素沈着・黒ずみ」

レーザーによる髭脱毛で、黒ずみや跡になってしまうということがあります。

原因のほとんどは、炎症や毛嚢炎が悪化してしまうことにより、ニキビ跡のような状態になってしまうことです。

毛嚢炎ができてしまった場合は、患部を清潔に保ち、処方してもらった薬を塗るなど万全の対策を行ないましょう。

リスクをしっかり理解しておきましょう

ヒゲ脱毛のリスクについてご紹介しましたがいかがでしたか。

最も有名なリスクが「やけど」ですが、日頃から日焼けに注意しておき、技術力に定評のある人気クリニックであればまず起こることはありません。

「まだら」リスクは、複数回照射を続け完全脱毛を目指すことで回避できます。完全脱毛(ツルツル)は個人差はありますが、レーザー脱毛で大体10~15回程度の照射が必要です。

ヒゲ脱毛において注意したいリスクは「毛嚢炎」ですね。

軽度であれば自然に治るのですが、むやみに触ったりして悪化してしまうと、痕が残ってしまうこともあります。

髭は特に毛嚢炎が起こりやすいですし、ヒゲ剃りによって傷つけてしまうことも多いため注意が必要です。

この記事をシェアする
髭脱毛