脱毛といえば「エステサロン」のイメージを持っている方が多いと思いますが、初めての方がエステサロンでヒゲ脱毛すると必ず後悔します。エステサロンの「光脱毛」は、永久脱毛ではないからです。

全身脱毛専門店「シースリー」の調査によると、エステで光脱毛を受けた女性の6割が脱毛コース終了後「効果がなくなった(毛が生えてきた)」と回答しています。

脱毛エステの実態調査

男性のヒゲは脱毛が最も難しいパーツと言われており、エステの光脱毛ではほぼ100%復活すると考えて間違いないでしょう。

ヒゲの永久脱毛ができるのは、レーザー脱毛とニードル脱毛だけです。

このページでは

  • エステの「光脱毛」とは、どういうものなのか
  • エステの光脱毛と医療レーザー脱毛の違い

について詳しく解説します。

※ニードル脱毛については別記事「髭のニードル脱毛(美容電気脱毛)について」で解説しています。

エステ(光脱毛)とクリニック(レーザー脱毛)の比較表

エステ
(光脱毛)
クリニック
(レーザー脱毛)
効果 

一時的な減毛

永久脱毛
痛み 

痛くない

強い痛み
アフターケア
冷却・化粧水のみ 塗り薬などを処方
施術スタッフ
男女のスタッフ無資格でもOK 医師と看護師
医師または看護師
1回あたりの料金(ヒゲ全体)

5000円前後

1~2万円前後

脱毛力は医療用レーザーが圧倒的

メディオスター

エステ(光脱毛)とクリニック(レーザー脱毛)の1番大きな違いは、その脱毛力です。

レーザー脱毛で使用される「医療用レーザーマシン」は非常に高い出力で照射することができるため、使用を誤るとヤケドなどの危険があります。

そのため「医師」または「指導下にある看護師」しか、施術に使用することはできません。

無資格者がレーザーマシンを使用して施術を行うと、医師法第17条に違反します。

第十七条  医師でなければ、医業をなしてはならない。

エステの光脱毛は法律上「一時的な除毛・減毛」でなくてはならない

一方、エステの「光脱毛(美容ライト脱毛)」は、無資格者でも安全に扱える低出力に設計されています。

ヤケドなどの消費者トラブル増加にともない平成13に厚生労働省から出された、「レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は医療行為」とする内容の通知により、エステで永久脱毛(=光線で毛乳頭を破壊)すると、医師法違反になってしまうからです。

参考(PDF):医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて

「脱毛」サロンなのに「効果が高すぎると永久脱毛になってしまうから、効果を下げる」という矛盾を抱えているのが今の日本のエステサロン。

ドクタータカハシ事件」を始め、効果が高い(=永久脱毛になってしまった)脱毛エステの逮捕事例は多数あります。

最近の美容ライト脱毛 事件例
• 2009年 9月 徳島県 医師法違反容疑捜索
• 2009年 12月 兵庫県 医師法違反容疑で家宅捜索
• 2010年 3月 福岡県 医師法違反容疑で書類送検
• 2010年 5月 大阪府 医師法違反容疑で逮捕

エステの脱毛は法律上「一時的な除毛・減毛」でなくてはならないのです。

レーザー脱毛の欠点は「強い痛み」と「肌ダメージ」

レーザー脱毛はパワーが強い分、強い痛みと肌ダメージが問題視されてきました。

よく「ゴムパッチン程度」という表現を目にしますが、それは元々毛が薄い女性の感想です。

男性のヒゲは太く密集していて毛根が深い位置にあるため、痛みは非常に強くなります。

例えるなら、照射のたびに強い静電気が「バチッ」っとくるような痛みです。個人差はありますが、汗や涙が出たり、痛すぎて通うのを止めてしまう方もいます。

痛みが少ない蓄熱式レーザーマシンも登場

しかし最近では、痛みが少ない「蓄熱式(SHR方式)」のレーザーマシンが注目されています。

「ソプラノ」や「メディオスター」が有名です。

従来の単発式(HR方式)レーザーは、毛根の最も深いところにある「毛乳頭」や「毛母細胞」を破壊するために高い出力が必要で、強い痛みと肌ダメージが課題となっていました。

一方、メディオスターを代表とした蓄熱式(SHR方式)レーザーは、毛根の浅いところにある「バルジ領域」をターゲットとしており、低出力で脱毛効果を得られるのが特徴。痛みは従来の1/2~1/4以下に抑えられています。

バルジ領域とは2000年代に発見された幹細胞の一種で、毛の生成に重要な働きをしていることが研究で分かっています。

もっと詳しく知りたい方は「メディオスターの効果と痛みについて:従来のレーザーと比較」をあわせてお読みください。

まとめ:ヒゲ脱毛で失敗したくないならクリニック

エステの光脱毛は、100歩譲ってスネ毛や胸毛はともかく、男性のヒゲには不向きと断言できます。

ヒゲは毛根がとても深い位置にあり、最も脱毛が難しいパーツだからです。特に鼻下のヒゲは密集しているため、完全に無くすには強力なレーザーでも10回以上かかります。

関連:髭脱毛の回数について:何回で何%ぐらい無くなるのか?

低出力の光脱毛では、いつまで経っても終わりません。永遠に通い続けるなら別ですが‥

「痛くない」「1回あたりが安い」がクリニックを選ぶポイント

とはいっても、レーザー脱毛はやはり「痛み」と「料金」がネックですよね。

痛みを抑えたい方は「痛みが少ないメディオスター」が使えるクリニック、トータル費用を少しでも抑えたい方は「1回あたりの料金が安い」クリニックを選ぶのが良いでしょう。

当サイトでは全国のヒゲ脱毛クリニックの料金と使用マシンを調査しています。

お近くのクリニックはこちらで検索↓

この記事をシェアする
青ヒゲを無くす(ヒゲ脱毛)