肛門周りの毛(ケツ毛・尻毛)ってホント邪魔ですよね。

不衛生だし、剃りにくいし、どうにかして楽に処理したいものです。

このページでは面倒な「ケツ毛の処理」について、初心者にオススメの方法をまとめました。

  • 自宅で簡単に処理できる方法
  • お店で処理してもらう方法

の2つに分けてメリット・デメリットを詳しく解説します。

自宅で簡単に処理できる方法4つ

まずは自宅でできる方法から簡単にまとめましたのでご覧ください。

  電気シェーバー ブラジリアンワックス 除毛クリーム 家庭用光脱毛器
  NULLリムーバークリーム ケノンとトリアを比較
おすすめ度
メリット 手軽で痛みがない 根本から抜くので効果長持ち 塗って拭き取るだけで手軽に処理できる 使用を続けることで生えてくる毛が薄くなっていく
デメリット 普通のシェーバーでは剃りにくい
→ケツ毛に特化したシェーバーが登場
処理するときに痛みがある
ケツ毛はコツがいる
デリケートゾーンは肌荒れを起こす可能性がある 使用前に毛を剃る必要がある
火傷のリスクがある

自宅で処理するならPanasonicのケツ毛専用シェーバーがラクチン!

自宅で手軽に・安全に処理するなら、パナソニックのケツ毛特化型ボディトリマー「ER-GK60」が最強です。

これまでの電気シェーバーやカミソリはT字型のものが多く、ケツ毛が剃りにくいという欠点がありましたが、ER-GK60」は独特なI字シェイプで、ケツ毛が剃りやすい形状になっています。

もちろん、ケツ毛や陰毛だけでなく胸毛やスネ毛、ワキ毛の処理にも使えますよ。

実際に使ってみて良かった点・イマイチだった点など、筆者の使用レビューはこちら↓

男の陰毛処理に最適!パナソニック 「ER-GK60-W」レビュー

ケツ毛のブラジリアンワックス脱毛はコツが必要!初心者には難しいかも

ブラジリアンワックス脱毛とは、ハチミツや松ヤニの粘着力で毛を引き抜く方法です。

他の方法と比べて効果が長持ちし、2~3ヶ月に一度の処理で済むのがメリット

しかし、ケツ毛(Oライン)のブラジリアンワックス脱毛は少し難しく、コツがいります。

ケツ毛脱毛のやり方は↓の動画をご覧ください

これを見て出来そうな人にはオススメですが、「難しそう・面倒そう」と感じた人は剃って処理するか、お店で処理してもらうほうが無難です。

ブラジリアンワックスに興味を持った方、男性向けおすすめワックスはこちら↓

ケツ毛に除毛クリームを使用すると肌荒れの可能性あり

除毛クリームは毛を溶かし、拭き取ることで処理するアイテムです。

手軽に処理できて、痛みもないことから人気ですが、敏感肌やデリケートな部位は肌荒れを起こしやすいというデメリットがあります。

「VIO(アンダーヘア)にも使える!」と宣伝している商品もありますが、危険なのでケツ毛にはあまりオススメできません。

家庭用光脱毛器は使う前に毛を剃らないといけない

家庭用光脱毛器(ケノン、トリアなど)は、使用前に必ず毛を剃っておかないといけません。

これは医療レーザー脱毛やサロンの光脱毛も同じで、毛の黒色に反応する光線を照射するため、剃り残しがあると効果が低くなったり、ヤケドの危険があるからです。

(ケツ毛の場合、ほとんどのクリニックや脱毛サロンでは、スタッフさんが照射前に剃ってくれます)

また、家庭用脱毛器はクリニックやサロンの脱毛器と比べてパワーが弱いため、使用をやめると元通りになることがほとんどです。

自宅でできる処理方法まとめ

  • ケツ毛特化型ボディトリマー
    →剃りやすくておすすめ!
    Amazonでチェック
  • ブラジリアンワックス
    →効果長持ち!ただしコツが必要
    男性向けおすすめワックスはこちら
  • 除毛クリーム
    →肌荒れの可能性あり
  • 家庭用光脱毛器
    →毛を剃らないといけない
    →止めたら元通りになることも

脱毛サロン・クリニックで処理してもらう方法2つ

ここからは、お店(脱毛サロン)やクリニックで処理してもらう方法をご紹介します。

  レーザー脱毛
(クリニック)
光脱毛
(サロン)
  レーザー脱毛  光脱毛
おすすめ度
メリット 医療機関でしか使えない強力なレーザーで高い効果 レーザー脱毛より痛みが少ない
デメリット 照射時に痛みがある
→麻酔で軽減可能
レーザー脱毛よりも効果が低い

永久脱毛(医療レーザー脱毛)なら今後ケツ毛の処理は一切不要に

ケツ毛を処理してもらう方法は、医療機関でやってもらう「医療レーザー脱毛」が速い・安い・確実です。

レーザー脱毛では、医療機関しか使用できない強力なレーザーを照射して、毛根にある毛の生成細胞を破壊します。

2ヶ月に1回程度のペースで5~6回通うことで、ケツ毛はほとんど生えてこなくなり、今後ケツ毛の処理は一切いらなくなるでしょう。

ケツ毛のレーザー脱毛は安くて得られるメリットも大きい

ケツ毛は、メンズ脱毛で「ヒゲ」に次いで2番目に人気があります。

照射範囲が狭いため、レーザー脱毛の料金相場が3~5万円程度と他の部位に比べて安いことが大きな理由です。

部位 料金相場
(レーザー脱毛)
ケツ毛(Oライン) 3~5万円
ヒゲ 5~20万円
胸毛・腹毛 6~10万円
スネ毛 8~10万円
メンズリゼ 湘南美容 ゴリラクリニック
メンズリゼ ゴリラクリニック
ケツ毛(Oライン)脱毛料金
5回
39,800円
6回
28,750円
5回
48,600円

もちろん、衛生的な面でメリットが大きいことも理由の1つです。

ケツ毛が無くなれば、ウンチが毛に絡むこともありませんし、お尻を拭く回数が減るので痔になりにくくなります。

レーザー脱毛のおすすめランキングはこちら↓

Oライン(ケツ毛)が人気!男のVIO脱毛おすすめランキングと選び方

ケツ毛脱毛でサロンを選ぶメリットは少ない

ケツ毛脱毛では、脱毛サロンを選ぶメリットは少ないでしょう。

まず料金ですが、レーザー脱毛の料金相場が5回3~5万円程度なのに対し、脱毛サロンは8回6万円前後です

RINX YES
ケツ毛(Oライン)脱毛料金
8回
60,000円
8回
60,000円

回数が多い分お得に感じるかもしれませんが、脱毛サロンで行われている「光脱毛」は「医療レーザー脱毛」よりも効果が低く、トータルで考えるとクリニックの方が早い・安い・確実です。

唯一「痛みが少ない」というメリットがありますが、クリニックのレーザー脱毛なら麻酔を使用することもできます。

男のケツ毛処理方法まとめ

以上、男のケツ毛処理についてのまとめでした。

肛門周りの毛がなくなれば、ウォシュレットが無くても安心ですし、スッキリ衛生的なお尻になります。

お尻を拭くときの摩擦が軽減されるので、痔になりにくくなるのもポイントです。

ボディートリマーを使って定期的に処理するのも良いですが、ケツ毛(Oライン)は他の部位と比べてレーザー脱毛が安い(トータル3~5万円程度)ので、ぜひ永久脱毛も検討してみてはいかがでしょうか。

部位 料金相場
(レーザー脱毛)
ケツ毛(Oライン) 3~5万円
ヒゲ 5~20万円
胸毛・腹毛 6~10万円
スネ毛 8~10万円

ケツ毛レーザー脱毛のおすすめランキングはこちら↓

Oライン(ケツ毛)が人気!男のVIO脱毛おすすめランキングと選び方

この記事をシェアする
アンダーヘア(陰毛・ケツ毛)脱毛