「クリニックによってマシンが違うし、アレキとか、メディオスターとか、どれが良いのか分からない…」という方のために、ヒゲ脱毛に使用されるレーザー機種についてまとめました。

それぞれの特徴や、人気クリニックのマシン導入状況についても詳しく解説します。

深いヒゲにはダイオードまたはYAGレーザーが最適

他の体毛が2~3mmなのに対し、ヒゲの毛根は4~5mmと根深いため、一般的には「ダイオードレーザー」または「YAGレーザー」が適していると言われています。

その理由について、詳しく見ていきましょう。

レーザーマシンで得意な深さは違う

レーザー脱毛で使用される機種は

  • アレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズなど)
  • ダイオードレーザー(ライトシェア、メディオスターなど)
  • ヤグレーザー(ジェントルヤグなど)

の3つに大きく分けることができ、それぞれ「得意な深さ」が異なります。

これはマシンで使用されている鉱石や半導体によって、レーザーの波長が異なるためです。

波長が短いほど浅い毛根に、波長が長いほど深い毛根に効果が出やすい性質があります。

アレキ ダイオード ヤグ
波長
755nm 810nm 1,064nm
用いられる鉱石・半導体
アレキサンドライト アルミニウムガリウム砒素 イットリウム・アルミニウム・ガーネット
特徴
一般的な日本人の体毛に最適 アレキより少しだけ深いところに最適 黒色に反応しにくく、より深いところに届きやすい
代表機種
ジェントルレーズ ライトシェア
メディオスター
ソプラノ
ジェントルヤグ

ヒゲは他の毛よりも根が深い

一般的な体毛は深さ1.5~3mm程度ですが、ヒゲの毛根は4~5mmと、とても深く根付いています。

そのため波長の短いアレキサンドライトレーザーは、出力を上げないと毛根奥深くにある「毛乳頭」まで熱が届きにくいです。

毛根の奥深くにある「毛乳頭」と「毛母細胞」は毛の生成機関とも言われており、これらにダメージを与えない限り、しぶとい男性のヒゲは復活してしまいます。

※アレキサンドライトレーザーは照射数日後にヒゲがポロポロと抜けますが、毛根の途中で毛が焼き切れているだけで、毛乳頭を破壊できていない場合があります。「効果が出た!」と勘違いしないようにしましょう。

おすすめ順:主要レーザーマシンの特徴を解説

ここからは、国内シェアのほとんどを占める人気レーザーマシン4機種について、ヒゲ脱毛にオススメの順に解説します。

四角い照射口で打ち漏れが少ない「ライトシェア・デュエット」

ライトシェア・デュエットは、ヒゲの毛根に最適な波長(810nm)のダイオードレーザー。

吸引システムによる痛みの少なさと、サイズの異なる2つのハンドピースを備えているのが特徴です。

吸引システムで効果的・痛みが少ない照射

ライトシェア最大の特徴はこの「吸引システム」。

吸引して皮膚を伸ばすことで毛根と照射口の距離が近づき、肌の色素も少し薄くなるため、痛みの少ない出力で効果的に脱毛することができます。

※髭脱毛に使用するETハンドピースは吸引無し

四角いハンドピースで打ち漏れが少ない

ライトシェア・デュエットでは、サイズが異なる2つのハンドピース、「ET(9mm×9mm)」と「HS(35mm×22mm)」を備えており、照射範囲に合わせて使い分けることができます。

ヒゲ脱毛では、写真左の「ETハンドピース」が主に使用されます。

照射口が四角いため、打ち漏れが起きにくいのが特徴です。

鼻下のヒゲは密集しているため、照射口が丸いと特に打ち漏れが起きやすく、これは大きなメリットと言えるでしょう。

痛みの少なさで話題沸騰の「メディオスター」

メディオスターはバルジ領域をターゲットとした、痛みが少ない蓄熱式ダイオードレーザー。

バルジ領域とは

バルジ領域とは、2000年代になって発見された、毛の生成に重要な働きをしている細胞です。

従来のレーザー脱毛では、毛根の奥深くにある「毛母細胞」や「毛乳頭」を破壊しないと効果がないとされていました。

しかし最近の研究では、バルジ領域の働きを止めることで、毛が生えてこなくなることが分かっています。

バルジと呼ばれる領域に毛の幹細胞である毛包幹細胞と色素幹細胞は存在します。毛包幹細胞は毛を形作る細胞である角化細胞の元の細胞として機能し、色素幹細胞は毛の色をなす色素細胞を生み出します。

痛みが少ない蓄熱式ダイオードレーザー

従来のレーザー機器は「単発式」といって、毛根の奥深くにある細胞を一発で破壊するほどの出力を照射するため、強い痛みをともなうのがデメリットでした。

一方メディオスターは「バルジ領域」と呼ばれる毛根の浅いところをターゲットに、小さい出力を何度も打ち込む「蓄熱式」なので、痛みが少ないのが最大の特徴です。

※痛みの感じ方には個人差があります。アレキサンドライトの1/10ぐらいという人もいれば、普通に痛いという口コミもあります。

FDAの認可はあるも、効果の症例はまだまだ少ない

メディオスターはFDA(※)によって、その効果が認められています。

※FDA=アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)。日本の厚生労働省にあたり、食品や医薬品、医療機器などの審査を行う政府機関。

しかし導入されてからまだ歴史が浅いため、データは少なく、従来のレーザー機器と異なるアプローチであることから、効果に疑問の声もあります。

存在する場所が特定できていないため、現段階では、バルジ領域をターゲットとした脱毛の効果について完全な確約はできないと考えてます。

他機種と併用できるクリニック選びをオススメします。

日焼けした肌にも照射可能!毛根の奥深くまで届く「ジェントルヤグ」

ジェントルヤグは、代表的なヤグレーザー。

ヤグレーザーは波長が長く(1,064nm)、深い毛根に効果が高いのが特徴です。

肌の色素に反応しにくいため、日焼けした肌にも照射できるというメリットがあります(極度の日焼けはNG)。

機器の特徴としては「冷却システム」を搭載しており、照射と同時に「-26℃」の冷却ガスを噴射することで、施術の痛みを抑えています。

国内で最も多く導入されているマシン「ジェントルレーズ」

ジェントルレーズは国内で最も多く導入されている、代表的なアレキサンドライトレーザー。

世界的にも導入数が多く、比較的安い価格で導入することが出来るため、ジェントルレーズをメインで使用しているクリニックは料金が安い傾向にあります。

※ライトシェアデュエットは1台800万円近くしますが、ジェントルレーズは1台200~300万円!

しかしアレキサンドライトレーザーは波長が短く(755nm)、浅い毛根には効果が高いですが、男性のヒゲなど深い毛根は、あまり得意ではありません。

他機種と併用できるクリニック選びをオススメします。

まとめ:選択肢は多い方がいい

レーザーの種類について、そして国内で人気の4機種について解説しましたが、いかがでしたか。

それぞれの特徴をまとめると、次のようになります。

ライトシェア メディオスター ジェントルヤグ ジェントルレーズ
波長(長いほど深くに届く)
810nm 810nm 1,064nm 755nm
ヒゲ脱毛オススメ度
痛み(※)

※個人の感想です。

複数のマシンを導入しているクリニックがオススメ

ただし、効果には個人差があります。

肌の色、毛の色はもちろん、毛根の深さも部位によって違うからです。

一般的にヒゲには「ダイオード」または「ヤグレーザー」が適しているとは言え、「アレキサンドライト」が1番効果的という人もいます。

出力調整や照射技術も影響するため、一概に「これ1台だけでOK」とは断言できません。

ただひとつ確実に言えることは、「効果が出なかった時にマシンを変更できないリスク」は回避すべきということです。

特に「完璧なツルツルを目指したい」と考えている方は、マシンの選択肢は多いほうが絶対に良いでしょう。

ただ、どうしても1台しか選べない状況であれば、私なら「ライトシェア・デュエット」を選ぶかなぁと思います。

人気クリニックのマシン導入状況

最後に、ヒゲ脱毛で人気が高い3クリニックのレーザーマシン導入状況をまとめておきます。

ゴリラ脱毛 メンズリゼ 湘南美容外科
ゴリラクリニック
マシンの指定

予約時に相談可

不可

不可
ライトシェア・デュエット
メディオスター

(一部院のみ)
ジェントルヤグ
ジェントルレーズ
公式サイト 公式サイト 公式サイト
この記事をシェアする
髭(ヒゲ)脱毛