髭脱毛をしてよかった・満足したという男性がほとんどですが、後悔した・やらなきゃよかったという方もいます。

高い料金を払ったのに効果を感じられなかった

男性のヒゲは脱毛の中で最も難しいといわれています。ほかの体毛に比べて毛が密集しており、毛根が深くしぶといためです。

メンズエステの光脱毛は髭の毛根に十分なダメージを与えることができず、抜けてもまた生えてきてしまうリスクがあります。(髭の脱毛にメンズエステ・光脱毛をオススメしない理由)

レーザー脱毛で効果を感じられなかったという方は少なく、効果が無かったという意見は光脱毛を受けた方がほとんどなのです。

レーザーだからといって必ずしも永久脱毛出来るわけじゃない

当サイトでは髭脱毛に医療レーザー脱毛を推奨していますが、レーザーだからといって必ず永久脱毛できる保証はどこにもありません。

同じレーザー脱毛でも、使用する機種によって波長や出力が違い効果も変わります。

たとえば現在日本で一番よく使われている『アレキサンドライトレーザー』と呼ばれるタイプのレーザーは波長が比較的短く、一般的な体毛には高い効果がありますが、根深い髭の毛根には適さないと言われています。

毛根の深さには個人差がありますし、肌質・毛質によっても最適なレーザー機器は異なります。確実な永久脱毛を目指すなら、より多くのレーザー機器を扱っているクリニックを選ぶ方が失敗しません。髭脱毛に最適なレーザー機器はどれ?

レーザー照射後に起こるどろぼうヒゲについて

レーザーを照射して3日ほど経つと、髭が濃く見える現象が起こることがあります。

これは「どろぼうヒゲ」と呼ばれるもので、照射により焼け焦げた髭が毛穴で膨張してしまうことで起こる一時的なものです。(レーザー照射後にみられる『泥棒ヒゲ』とは

通常は1~2週間程度で髭がボロボロと抜けるようになるので、失敗した!濃くなった!と心配する必要はありません。

後になって髭を生やしたくなった

髭脱毛の後悔例で多いのが「後になってまた髭を生やしたくなった」というもの。残念ながら一度永久脱毛してしまったものを再び生やすことは不可能です。

脱毛前の本人の考えが浅いことが原因なので、こればっかりはどうしようもありません。

将来生やしたくなるかもしれないと1%でも迷っている人は止めておいた方が賢明でしょう。

ヤケドをしてしまった・肌が荒れた

レーザー脱毛にはヤケドのリスクがあります。技術の進歩によりリスクはどんどん減ってはいますが、それでも治療が必要なやけどトラブルの件数はゼロではありません。

やけどの原因はレーザーの出力設定、施術スタッフの技術などももちろん関係しますが、最大の原因は日焼けにより色が濃くなった肌に照射してしまうことです。

脱毛に使用するレーザーは黒色に反応する性質があるため、日焼けしていると肌にまでレーザーが反応する可能性が高まり危険です。(脱毛前後の日焼けは絶対NG!)

炎症・毛嚢炎・ニキビ・色素沈着

レーザー脱毛後の肌はバリア機能が低下しているため炎症が起こりやすく、雑菌が侵入しやすい状態になっています。

これにより毛嚢炎(もうのうえん)やニキビができやすいです。しっかりケアをすれば痕は残りませんが、アフターケアを怠ると色素沈着したりシミになることがあります。

痛みに耐えきれず断念してしまった

痛みが想像以上に大きく断念してしまったという方も少数ですがいます。

技術の進歩により最近の機種は痛みが軽減されていますが、クリニックによっては古いレーザー機器を長く大事に使っているところもあります。

最新機種を揃えているクリニックを選ぶことはもちろん、照射前に麻酔クリームを塗ってもらうことが対策になります。

大抵のクリニックは1回3000円ぐらいで塗布してもらえますので、ケチらずに必ず塗ってもらいましょう。

髭脱毛で絶対に失敗しない!おすすめのクリニック

当サイトのイチオシはゴリラクリニックです。無制限プランでありながら、多くのレーザー機器をその人の肌質・毛質によって使い分けてくれるので、より確実な永久脱毛ができます。

  1. 東京イセアクリニック
    料金:
    74,304円~(税込)
    拠点:
    新宿、池袋、上野、横浜、
    名古屋栄、大阪梅田、新潟
    ゴリラクリニックのおすすめポイント
    • 5種類のレーザーマシンを使い分けて強力に脱毛
    • 回数無制限(4年間)で完全脱毛も可能
    ゴリラクリニックのイマイチな点
    • 平日11~15時以外は時間制限解除(コース料金に+21,600円)が必要
    • ヒゲ以外のコースは少し高い
この記事をシェアする
髭(ヒゲ)脱毛