男性の髭の悩みで最も多いのが青髭(あおひげ)です。

見た目が悪いため、無くしたいと考える人は多いでしょう。早いと高校生ぐらいから気になり始める人もいます。

そんな青髭の原因と解消・対策法についてご紹介します。

青髭の原因

青髭は毛穴の中に残った髭がうっすらと透けて見えることにより起こります。

他の体毛に比べて髭は太く密集しているため、全体的に色が青っぽく見えてしまうのです。

そもそも髭が濃くなるのはなぜ?

髭が濃くなるのにはテストステトロンという男性ホルモンが関係しています。

個人差はありますが、このテストステトロンが多く分泌されるピークが20代後半からと言われており、最も髭が濃くなりやすい時期です。

早い人で高校生ぐらいから青髭に悩む方もいますが、テストステトロンの量をコントロールすることは難しいため、他の対策を考える必要があります。

効果ナシ!または効果が薄い誤った対策

ダメゼッタイ

青髭についてインターネットで情報を調べると、様々な情報が出てきます。中には商品の紹介料目的で誤った情報や、ほとんど効果のない商品を紹介しているアフィリエイトサイトも多く存在します。

このページもそんなアフィリエイトサイトのうちの1つですが、当サイトではしっかりと調査をした上で効果の無い・薄い対策は一切オススメせず、しっかりと効果のある方法だけを厳選して紹介します。

まずは効果が薄い・根本的な解決にならないダメな対策をぶっちゃけます。

深剃りをする

いくら深く剃っても、毛穴に必ず髭が残ってしまうので意味がありません。

それどころか肌を傷つけてしまい、色素沈着やシミの原因になります。色素沈着が起こると肌の色が濃くなって余計に汚く見えるため深剃りは厳禁です。

毛抜きで抜く

毛抜きで抜いてしまえば、たしかに一時的には青髭が解消されます。

しかし抜くことは、実は剃る以上に肌へのダメージが大きい行為です。アフターケアをしっかりしておかないと、毛穴に雑菌が侵入して毛嚢炎など肌トラブルの原因になります。(自分でヒゲを抜くと起こる怖いトラブル

日焼けをする

日焼けをすることで肌の色が濃くなり、相対的に青髭が目立たなくなります。

日焼けが将来的なシワやシミの原因になることは有名ですが、そんなこと気にならない人には良い対策かもしれません。

日焼けをすると後に紹介する医療レーザー脱毛が受けられないというデメリットもあります。

除毛クリームを使う

除毛クリームは肌表面の毛を溶かしているだけなので、青髭の解消にはなりません。

そもそも除毛クリームは全て体用に作られています。「顔用」「髭用」の除毛クリームは存在しません。

どの除毛クリームにもほぼ必ず「顔には使用しないでください」と注意書きがしてあります。毛を溶かす薬剤はデリケートな顔の肌に使用すると肌荒れを起こすリスクが高いためです。

抑毛ローションを使う

抑毛ローションとは豆乳やパイナップルを原料とした、毛の成長を抑えたり生えにくくするためのローションです。

美肌効果があるためアフターシェーブローションとして普段使いする分には良いですが、抑毛効果には個人差が大きく、継続して使用しないとすぐ元に戻ってしまうため、青髭の根本的な解決にはなりません。

家庭用脱毛器を使う

ケノンやトリアで有名な家庭用のレーザー・光脱毛器は、個人でも安全に使えるよう出力が非常に低く抑えられているため、根深い髭の脱毛にはほとんど効果がありません。

メンズエステで脱毛する

脱毛といえばメンズエステというイメージを持つ方も多いでしょう。

しかしメンズエステで行われている光脱毛は、消費者トラブルの増加による厚生労働省の通達で、毛乳頭を破壊しない程度の出力に抑えなくてはいけないと決められています。

そのため根深くしぶとい髭の毛根には一時的な効果しか得られないことがほとんどで、効果を維持するためにはずっと通い続けなくてはなりません。(髭の脱毛にメンズエステ・光脱毛をオススメしない理由)

青髭の解消・対策にオススメの方法

青髭に効果がない・解決にならない方法を色々ぶっちゃけてきましたが、ここからは本当に効果がある方法だけをご紹介します。

ファンデーション・BBクリーム・コンシーラーで隠す

根本的な解消ではありませんが最も手軽な方法は、化粧で隠してしまうことです。

最近では青ひげを隠すために開発されたBBクリームや、髭用コンシーラーも販売されており、化粧をしていることがバレにくくなっています。

医療レーザー脱毛

青ひげを根本的に解消する唯一の方法が医療レーザー脱毛です。

一度永久脱毛してしまえば、その後は青ひげに何の対策も必要なくなり、長い目でみれば化粧で隠し続けるよりも費用を抑えることができます。

平均的にかかる費用もおよそ10万円と、高校生でも手の届かない金額ではありません。

ツルツルにするには15回程度の照射が必要ですが、青髭の解消には5~6回で多くの人が満足のいく結果を得られます。(髭脱毛に通う期間と間隔・回数は?

髭の医療レーザー脱毛にオススメのクリニックはこれだ!

  1. 東京イセアクリニック
    料金:
    74,304円~(税込)
    拠点:
    新宿、池袋、上野、横浜、
    名古屋栄、大阪梅田、新潟
    ゴリラクリニックのおすすめポイント
    • 5種類のレーザーマシンを使い分けて強力に脱毛
    • 回数無制限(4年間)で完全脱毛も可能
    ゴリラクリニックのイマイチな点
    • 平日11~15時以外は時間制限解除(コース料金に+21,600円)が必要
    • ヒゲ以外のコースは少し高い
この記事をシェアする
髭(ヒゲ)脱毛