クレンジング不要・洗顔で落とせる水ファンデーション「グランディム スキンカラー」の使用レビューをお届けします。

  • 青ヒゲやニキビ跡を自然にカバーしたい
  • 化粧バレは絶対にしたくない
  • BBクリームはクレンジングが面倒

という人にオススメです。

色は「ライトブラウン」と「ブラウン」の2種類

早速使っていきます。

「グランディム スキンカラー」は「ライトブラウン(色白~)」と「ブラウン(普通~)」の2色が選べます。

私は標準的な肌色なので「ブラウン」を選びました。

水ファンデーションというだけあって、かなりサラサラしています。

BBクリームのように「ベタッと塗る」のではなく「ペタペタと馴染ませる」使用感です。

左手全体に馴染ませてみました。

右手と比べて少しだけ褐色っぽい気がしますが、あまり気にならないレベルです。

色を選ぶ際、少しでも色白だと思う人は「ライトブラウン」を選ぶほうが無難かもしれません。

青ヒゲのカバー力はそこそこ

今度は、青ヒゲに塗ってみます。

私はヒゲが濃い方ではありませんが、ヒゲ剃り後は↓のような感じです。

そこに「グランディム スキンカラー」を塗ったのが↓

若干ですが、青ヒゲが目立たなくなりましたね。

正直「こんな水っぽいファンデーションで本当にカバーできるのか?」と思っていたので、少し驚きました。

想像以上にカバーできています。

分かりやすい説明書もついてます

「青ヒゲを隠したい」と思っている男性のほとんどは、化粧自体が初めてでしょう。

「グランディム スキンカラー」には、初心者のための詳しいイラスト付き説明書が付属しています。

説明書をしっかり読んで使用すれば、塗りすぎて不自然になってしまう心配もありませんね。

まとめ:カバー力はBBクリームに劣るも、十分使えるレベル

以上、「グランディム スキンカラー」の使用レビューでした。

正直に言いますと、青ヒゲ隠しはカバー力の高い「BBクリーム」の方が向いていると思います。

青ヒゲ隠しにオススメのBBクリームはこちらの記事をご覧ください↓

【全部実際に使って比較】青ヒゲ隠しにオススメのBBクリーム3選

「グランディム スキンカラー」はあくまで「水ファンデーション」というジャンルなので、厚塗りしても青ヒゲを完全に隠すことはできません。

ただし、

  • 洗顔で落とせる(BBクリームはクレンジング必須)
  • オイルフリーでテカりにくい(BBクリームは油分を含むものが多い)

といった、水ファンデーションならではのメリットもあります。

「完璧に」ではなく「バレない程度に自然に」隠すなら、「グランディムスキンカラー」は十分使える商品だと感じました。

通常購入から1,000円お得!グランディム公式サイトはこちら

この記事をシェアする
青ヒゲを隠す(メンズ化粧品)