「メンズアクネバリア薬用コンシーラー」の使用レビューをお届けします。

殺菌成分や抗炎症成分が含まれているなど、青ヒゲ対策よりもニキビ対策を重視した商品ですが、青ヒゲもしっかりカバーしてくれました。

Amazonの「コンシーラー」カテゴリでベストセラー、Loftや東急ハンズでも販売されている人気商品ですので、是非チェックしてみてください。

色はライト・ナチュラル・スポーティーの3種類

メンズアクネバリア薬用コンシーラーは

  • ライト(明るめの肌色)
  • ナチュラル(標準的肌色)
  • スポーティー(日焼けした肌色)

の3色が発売されています。

今回は「ライト」と「ナチュラル」を使っていきます。

「スポーティー」はかなり黒いので、ほとんどの男性は「ライト」か「ナチュラル」が無難です。

スティックタイプにありがちな”回しても戻らない問題”も

メンズアクネバリア薬用コンシーラーは、底をくるくる回して取り出す「スティックのり」のような容器です。

限界まで出すとこんな感じ↓

スティックのりを使ったことがある人なら一度は経験したことがあると思いますが、逆に回しても戻らないことが頻繁に起こります。

スティックタイプの構造上、仕方のないことなのかもしれません。

※フタなどで押さえながら回すと元に戻ります。

青ヒゲのカバー力は十分

それでは、ヒゲに塗っていきます。

私の普段のヒゲ剃り後は↓のような感じです。

そこにまずは「ライト」を塗ってみます。

テクスチャは柔らかめで伸びやすく、使い勝手は非常に良いです。

当然ですが、塗っただけでは浮きまくりなので、指で軽く馴染ませます。

かなりしっかりカバーしてくれてますね。

「ナチュラル」は↓のようになりました。

こちらもしっかりカバーできています。

私は標準的な肌色なので、「ライト」「ナチュラル」どちらも不自然にはなりませんでした。

どちらかと言えば「ナチュラル」の方が合っているかも。

迷ったらナチュラルで良いと思います。

口元だけ塗ると不自然さが出るのでBBクリームと併用が◎

口元のアップだけでは分かりにくいですが、顔全体を近くで見ると、何か塗っているのがバレバレです。

コンシーラーはあくまで部分的に隠すものなので、化粧バレを防ぐにはBBクリームで顔全体をカバーしてから、しっかり隠したい部分にコンシーラーを塗るのが良いでしょう。

オススメのBBクリームはこちら↓

【全部実際に使って比較】青ヒゲ隠しにオススメのBBクリーム3選

落とすときは洗顔でOK(BBクリームは要クレンジング)

メンズアクネバリア薬用コンシーラーは自体は洗顔で落とすことができますが、BBクリームと併用する場合はクレンジング(化粧落とし)が必要です。

いずれにせよ、落とすときはクレンジングシートが便利なので、同時購入をオススメします。

まとめ:ニキビだけでなく青ヒゲもカバーできる良品

以上、メンズアクネバリア薬用コンシーラーの使用レビューでした。

ニキビケアとして人気の本商品ですが、カバー力は高く、青ヒゲもしっかり隠すことができます。

ただし、部分的に塗りすぎるとどうしても浮いてしまうので、より自然に隠したい方はBBクリームとあわせて使用するようにしましょう。

この記事をシェアする
青ヒゲを隠す(メンズ化粧品)