「ヒゲを永久脱毛したい」とお考えの方のために、必要な知識をすべてまとめました。

  • サロンとクリニックの違いって?
  • 何回でどれぐらい薄くなる?
  • 費用はどれぐらいかかる?
  • レーザーマシンはどれが良いの?
  • 自宅でできる方法は無い?

といった疑問にお答えします。

サロンとクリニックの違いについて

ヒゲ脱毛は「エステサロン(脱毛サロン)」または「クリニック(医療機関)」で行います。

失敗しないためにも、2つの違いを必ず理解しておきましょう。

サロンの脱毛方法

サロンの脱毛法は

  • ニードル脱毛(美容電気脱毛)
  • 光脱毛(美容ライト脱毛)

の2種類があります。

  ニードル脱毛
(美容電気脱毛)
光脱毛
  ニードル脱毛 光脱毛
効果
永久脱毛

一時的な減毛
代表サロン

ニードル脱毛は高額になるケースが多いが、レーザー脱毛にはないメリットも

ニードル脱毛

ニードル脱毛(美容電気脱毛)は、脱毛法としてはレーザー脱毛よりも歴史が長く、FDA*が永久脱毛と認めている脱毛法です。

※FDA=「米国食品医薬品局」日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関

業界大手の「メンズTBC」や「ダンディハウス」で行われています。

レーザー脱毛では難しい、日焼けした肌や、白髪・産毛の脱毛もできるのがメリットです。

しかし、高度な専門技術が必要な上、1本1本処理するために時間が掛かり、費用が高額になりやすいというデメリットもあります。(1本108円~)

ニードル脱毛について、さらに詳しく知りたい方は以下の記事もあわせてどうぞ。

髭のニードル脱毛(美容電気脱毛)について:効果や料金・仕組みを解説!

光脱毛はヒゲにはパワー不足、「効果がない」という口コミも多い

光脱毛

光脱毛(美容ライト脱毛)は、黒色に反応する光線を照射し、毛根の奥深くに熱を加えることで、毛の生成細胞の働きを弱める脱毛法です。

脱毛の原理は後述するレーザー脱毛と似ていますが、パワーが違います。

レーザー脱毛は医療従事者(医師または看護師)しか使えない強力なマシンを使用しますが、光脱毛のマシンは誰でも安全に使用できる低出力です。

そのため永久脱毛は難しく、一時的な減毛にしかなりません

男のヒゲは「脱毛が最も難しいパーツ」と言われているので、特に効果が出にくいです。

脱毛専門店「シースリー」の調査によると、エステで「光脱毛」を受けた人のおよそ6割が脱毛コース終了後「効果がなくなった(毛が生えてきた)」と回答しています。

クリニックの脱毛方法

  医療レーザー脱毛
  レーザー脱毛
効果
永久脱毛

レーザー脱毛は、黒色に反応する光線を照射し、毛根の奥深くに熱を伝えることで、毛の生成細胞の働きを止める脱毛法です。

現在ほとんどのクリニックで、このレーザー脱毛が主流となっています。

ニードル脱毛を行っている医療機関も一部ありますが、レーザー脱毛のほうが「速い」「安い」「簡単」という理由から、数は減少傾向にあります。

ヒゲはレーザー脱毛がベスト

効果、トータル費用、時間など総合的に比較すると、ヒゲはレーザー脱毛がベストです。

  レーザー ニードル
効果
永久脱毛

永久脱毛

一時的
痛み
日焼け・白髪
脱毛不可

脱毛可

脱毛不可
麻酔
使用可

一部可*

一部可*
料金例
6回29,800円~

1本108円~

10回59,800円~

※サロンでの麻酔は、医療機関と提携している一部サロンのみ可能。詳しくは店舗に直接お問い合わせください。

おすすめランキング、選び方のポイントは↓

お近くのクリニックはこちらで検索↓

何回でどれぐらい薄くなるのか(レーザー脱毛の場合)

どの脱毛法にも言えることですが、1回通っただけでは脱毛は終わりません。

体毛には「毛周期」と呼ばれる、生え変わりのサイクルがあるためです。

毛周期

レーザー脱毛は毛を通して毛根に熱を伝える仕組みのため、「成長初期」と「成長期」の毛にしか効果がありません。

効果のある照射
効果のない照射

では、一体何回照射すれば良いのでしょうか?

5~6回で半分程度ヒゲがなくなり青ヒゲが目立たなくなる

レーザー脱毛では5~6回のコースを設定しているクリニックが最も多く、ヒゲの場合はおよそ半分程度なくなるのが目安です。

  • 青ヒゲを目立たなくしたい
  • カミソリ負けから開放されたい

という方はとりあえず5~6回のコースを契約してみて、物足りなかったら追加するというのもアリ。

実際メンズリゼクリニックでは、5回コースで95%の方が満足されているそうです。

効果には個人差がありますが、95%の方が5回照射完了時にご満足いただいております。

10回で8~9割のヒゲがなくなる

部位によってバラツキはありますが、10回で平均して8~9割減らすことができます

無毛に近いツルツルを目指すとなると、更に根気強く通う必要はありますが、残り少ない本数をニードル脱毛(美容電気脱毛)で仕上げるのもアリ。(1本108円~)

ちなみに、ゴリラクリニックのヒゲ脱毛完了コース(6回+終了後1回100円)は8~10回程度で完了される方が最も多いそうです。

ヒゲ脱毛に必要な回数について、さらに詳しく知りたい方は以下の記事もあわせてどうぞ。

何回で何%ぐらい無くなるの?ヒゲ脱毛の回数について徹底解説!

 

永久脱毛の費用はどれぐらいかかるのか

やはり一番気になるのは「お金はどれぐらい掛かるのか?」ですよね。

「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」で料金体系が異なりますし、ヒゲの範囲や目指す仕上がりによっても、費用は大きく変わります。

クリニック(レーザー脱毛)のヒゲ脱毛料金

レーザー脱毛の場合、トータル費用はざっくり5~20万円ほどです。

人気クリニックのヒゲ脱毛料金を以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ゴリラ脱毛 湘南美容外科 メンズリゼ
ゴリラクリニック メンズリゼ
ヒゲ3部位
(鼻下+アゴ+アゴ下)
74,304円 29,800円 59,800円
6回+終了後1回100円(3年) 6回 5回
ヒゲ全部
(3部位+頬+首)
186,192円 84,400円 99,800円
6回+終了後1回100円(3年) 6回 5回
追加でかかる費用
時間制限解除*
21,600円
キャンセル料
1回3,240円
麻酔(任意)
1回3,240円
麻酔(任意)
1回3,240円
剃り残し
1箇所540円
 
  麻酔(任意)
1回3,240円
 

※平日11~15時以外の利用を希望する場合

お近くのクリニックはこちらで検索↓

サロン(美容電気脱毛)のヒゲ脱毛料金

エステサロン最大手「メンズTBC」の基本料金(メンバー価格)は1本108円~です。

ちなみに、男性のヒゲは多い人で約25000本あると言われています。

個人差はあるものの、成人男性に生えているヒゲの本数は約6,000~2万5,000本。平均は約1万5,000本。部位ごとの本数は、首回り約7,000本、頬約4,900本、顎まわり約2,200本、口の上約900本。

(回答者:P&G)

部位ごとにいくら掛かるか計算してみました。

首周り 7,000 x 108 = 756,000円
4,900 x 108 = 529,200円
顎周り 2,200 x 108 = 237,600円
口の上 900 x 108 = 97,200円

実際には、まとまった本数を契約することで割引がありますが、それを踏まえてもレーザー脱毛より高額になることは明らかですね。

脱毛サロン(美容電気脱毛)の使い方としては

  • レーザー脱毛で残った産毛や白髪をピンポイントで脱毛
  • レーザー脱毛で量を減らしてから細かくデザイン脱毛

するのが賢いでしょう。

初回体験コースなら1,000円で150本脱毛してもらえるので、気になる方はぜひ「メンズTBC」に足を運んでみてください。

メンズTBC公式サイトはこちら

レーザーマシンによる違いについて

レーザー脱毛では、クリニックによって使用されるマシンが異なります。

メジャーなものから、全国に数台しか無いレア機種まで様々ですが、波長によって

  • アレキサンドライトレーザー(例:ジェントルレーズ)
  • ダイオードレーザー(例:ライトシェア、メディオスター)
  • ヤグレーザー(例:ジェントルヤグ)

の3種類に分類することができます。

レーザーの波長による効果の違い

「波長が違うと何が違うのか?」というと、得意な深さが違います。

レーザーマシンの違い

簡単に言うと、波長が短いほど浅い毛根に、波長が長いほど深い毛根に効果が出やすい性質があります。

より高い効果を得るためには、その人の毛質・肌質にあったマシンを使用することが大切です。

単発式(従来型)と蓄熱式(メディオスターなど)の違い

また、レーザーマシンには

  • 単発式(HR方式)
  • 蓄熱式(SHR方式)

があります。

痛みは強いが、効果を実感しやすい単発式

単発式は従来型の、一発ずつ強力な光線を打ち込む方式です。

有名機種では「ジェントルレーズ」「ジェントルヤグ」「ライトシェア・デュエット」などが単発式になります。

単発式の施術の様子は以下の動画をご覧ください。

単発式は1回1回の痛みが強いですが、ヒゲが1週間ほどで一旦全て抜け落ちるため、効果を実感しやすいのが特徴です。

痛みの少なさが特徴の蓄熱式

一方で蓄熱式は、弱めの光線を連続して打ち込み、徐々に熱を加えていく方式です。

「メディオスター」や「ソプラノ」など、比較的新しい機種が蓄熱式マシンになります。

蓄熱式(メディオスター)の施術の様子は以下の動画をご覧ください。

単発式と比べて痛みが非常に小さく、人によっては麻酔もいらないのが特徴です。

ただし、単発式のようなヒゲが一旦全部抜け落ちる現象がないため、効果を実感しにくいというデメリットもあります。

一概に「コレ!」とは言えないので、複数機種あるクリニックがベターです

色々なレーザーマシンがありますが「ヒゲ脱毛はコレが一番!」と断言できるものはありません。

その人の肌質や毛質によって、最適なマシンは違うからです。

一つ言えるとしたら、選択肢は絶対に多い方が良いということでしょう。

人気クリニックの導入マシンは以下のようになっています。

ゴリラ脱毛 メンズリゼ 湘南美容外科
ゴリラクリニック
マシンの指定

予約時に相談

医師が判断

不可
ライトシェア・デュエット
(ダイオード・単発式)
メディオスター
(ダイオード・蓄熱式)

一部院のみ
ジェントルヤグ
(ヤグレーザー)
ジェントルレーズ
(アレキサンドライトレ-ザー)
  • 確実な効果がほしい
  • ツルツルを目指したい

という方は「ゴリラクリニック」がオススメ。

  1. ゴリラクリニック

    東京イセアクリニック
    料金:
    74,304円~(税込)
    回数:
    6回+終了後1回100円(3年)
    拠点:
    新宿、池袋、上野、横浜、
    名古屋栄、大阪梅田、新潟
    ゴリラクリニックのおすすめポイント
    • 5種類のレーザーマシンを使い分けて強力に脱毛
    • 6回コース終了後は1回100円で追加照射(3年間有効)
    ゴリラクリニックのイマイチな点
    • 平日11~15時以外は時間制限解除(コース料金に+19,800円)が必要
    • ヒゲ以外のコースは少し高い

お近くのクリニックはこちらで検索↓

レーザーマシンの違いについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にどうぞ。

髭脱毛に最適なレーザーの種類は?各機種の特徴と違いについて解説

自宅でヒゲを永久脱毛できる方法はありません

ここまで、クリニックやサロンの永久脱毛について解説してきましたが、「自宅で永久脱毛できる方法は無いの?」とお考えの人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、自宅でヒゲを永久脱毛できる方法はありません。

自宅で脱毛する方法としては、以下の3つが代表的です。

  ブラジリアンワックス 除毛クリーム 家庭用脱毛器
 
効果
毛を抜くだけ

表面の毛を溶かすだけ

ヒゲにはパワー不足

どれも定期的な体毛の処理には便利ですが、「ヒゲには使えない」あるいは「効果が一時的」なものです。

「これでヒゲ脱毛できる…」と勘違いしたまま購入しないようにしましょう。

まとめ:ヒゲの永久脱毛なら基本はレーザー

以上、ヒゲの永久脱毛についてのまとめでした。

ヒゲは体毛の中で最もしぶといので、サロンの光脱毛や家庭用光脱毛器は、ほとんど効果がありません。

すると、レーザー脱毛とニードル脱毛(美容電気脱毛)の2択になるのですが、ニードル脱毛は本数が多いと高額になってしまいます。

レーザー脱毛だけで済ますか、レーザー脱毛で本数を減らしてからニードル脱毛で仕上げるのが正解です。

ヒゲ脱毛で、楽しい毎日を手に入れましょう!

お近くのクリニックはこちらで検索↓

この記事をシェアする
青ヒゲを無くす(ヒゲ脱毛)