男性の手の甲や、指の毛を気にする女性は非常に多いです。

そんな手のムダ毛ですが、最近は定期的に自己処理したり、永久脱毛してしまう男性も増えています。

特に清潔感が求められる飲食業の方や、書類や名刺を渡す機会が多いビジネスマンに人気です。

このページでは、男の「手の甲」と「指毛」の処理について

  • お店や医療機関で永久脱毛してもらう方法
  • 自宅で簡単に処理できる方法

の2つに分けて解説。

それぞれの費用やメリット・デメリットをまとめました。

お店や医療機関で永久脱毛してもらう方法を比較

お店(サロン)や医療機関(クリニック)で脱毛してもらう方法は主に

  • ニードル脱毛(美容電気脱毛)
  • レーザー脱毛
  • 光脱毛

の3つです。

  ニードル レーザー
  ニードル脱毛 レーザー脱毛 光脱毛
効果
永久脱毛

永久脱毛

減毛・抑毛
痛み
場所 サロン・医療機関 医療機関 サロン
費用
1本108円~
オススメ!
メンズリゼ
5回3万円~

8回4万円~

産毛が多い手の甲&指の毛はニードル脱毛(美容電気脱毛)が最適

ニードル脱毛

手の甲&指の毛を永久脱毛するなら、レーザー脱毛よりもニードル脱毛(美容電気脱毛)がオススメです。

なぜならレーザー脱毛には、色素の薄い産毛や白髪は脱毛できないという弱点があります。

黒色に反応するレーザーを照射するためです。

ニードル脱毛は一本ずつ毛根に器具を挿入して熱処理するので、どんな毛質でも脱毛できます。

一方で、ニードル脱毛の弱点としては

  • 1本ずつ処理するので時間がかかる
  • 施術者に高度な専門技術が必要
  • 本数が多いと費用が高額になる

などがあります。

しかし、手や指のムダ毛は濃い人でもそれほど本数が多くないため、レーザー脱毛より安く済むケースもあるでしょう。

ニードル脱毛は「メンズTBC」や「ダンディハウス」で受けることができますが、ダンディハウスはどちらかといえば、脱毛よりもダイエットに力を入れているサロンです。

ニードル脱毛なら「メンズTBC」ほぼ一択と言えるでしょう。

初回体験コースでは、通常1本108円~のところを1,000円で150本脱毛してもらえます。

  メンズTBC ダンディハウス
 
料金 1本108円~ 30分8,100円~
初回体験 150本1,000円
オススメ!
30分5,400円
主力商品 脱毛 ダイエット

濃すぎる人は先にレーザー脱毛で毛量を減らすのもアリ

レーザー脱毛

手の甲や指にビッシリと毛が生えている人は、先にレーザー脱毛で毛量を減らしてから、ニードル脱毛で仕上げるのがベスト。

レーザー脱毛は「産毛に弱い」という欠点がありますが、太くて濃い毛にはしっかり効きます。

ニードル脱毛は本数が多いと高額になってしまうので、先にレーザーで全体的に減らしてしまった方が、トータルでは安くなるでしょう。

人気クリニックのレーザー脱毛料金は以下のようになっています。

  メンズリゼ 湘南美容外科 ゴリラ脱毛
  メンズリゼ ゴリラクリニック
料金 29,800円 / 5回 28,750円 / 6回 38,880円 / 5回
追加費用 麻酔(任意) 麻酔(任意)
剃毛料
キャンセル料
麻酔(任意)

オススメは剃り残しのシェービング代や、予約キャンセル代、お薬代などの追加費用が一切ない「メンズリゼクリニック」です。

光脱毛はレーザー脱毛よりも回数がかかり、費用もさほど安くない

光脱毛

手の甲・指の脱毛においては、サロンの光脱毛で脱毛するメリットはありません。

脱毛効果はレーザー脱毛のほうが上ですし、費用もそれほど安くないからです。

強いて言うなら「痛みが少ない」ことですが、手の甲や指は元々それほど痛くない部位なので、これも大きなメリットとは言えません。

手の甲・指の永久脱毛は

  • ニードル脱毛で全部脱毛
  • レーザー脱毛で減らしてからニードル脱毛で仕上げる

のどちらかで決まりですね。

自宅で処理できる方法を比較

ここからは自宅で処理する方法をご紹介しますが、結論から言うと「剃る」のが最強です。

  剃る 抜く ブラジリアン
ワックス
除毛クリーム 家庭用脱毛器
  ブラジリアンワックス 除毛クリームでスネ毛脱毛
おすすめ
痛み
処理頻度 2~3週間に1度 1~2ヶ月に1度 1~2ヶ月に一度 2~3週間に1度 1~2ヶ月に1度

手軽さは小型のフェイス用シェーバーが最強

手の甲・指の毛を手軽に処理するならフェイス用の電気シェーバーが最強です。

特に男性の手はゴツゴツしているので、T字カミソリなどで剃ると肌を傷つけてしまう危険があります。

肌を傷つけてしまうと、色素沈着して黒ずみの原因になるので注意しましょう。

電気シェーバーの刃は、肌に直接当たらないようにできているので安心です。

毛抜きで抜くとブツブツの原因になることも

手の甲や指の毛を毛抜きで抜くことは全くオススメしません。

毛穴が開いてブツブツした見た目になってしまう可能性があるからです。

特に男性の毛は女性と比べて太いので、抜いた後の毛穴が開きやすく、中に雑菌が侵入して炎症を起こしてしまうこともあります。

指毛をブラジリアンワックスで処理するのは結構面倒

手の甲はアリですが、ブラジリアンワックスで指の毛を処理するのは結構面倒です。

ブラジリアンワックスとは、ハチミツや松ヤニの粘着力によって毛を一気に引き抜く脱毛アイテムのこと。

ブラジリアンワックスで太ももの毛を脱毛
ワックスを塗って
ブラジリアンワックスで太ももの毛を脱毛
専用のペーパーを貼って
ブラジリアンワックスで太ももの毛を脱毛
剥がすとツルツルに

剃るよりも効果は長持ちしますが、指の毛を処理しようとすると、まずペーパーをカットするのが面倒で「剃ったほうが楽」ってなります。(筆者体験談)

除毛クリームも指のような細かい部位には不向き

除毛クリームは、肌表面の毛を溶かして処理する脱毛グッズです。

胸毛やすね毛など、広い範囲には便利ですが、手の甲や指の毛については「剃ったほうが速いし楽」です。(筆者体験談)

家庭用光脱毛器は体全体に使用するならアリ

ケノンなどの家庭用光脱毛器は、本体だけでも7万円~と結構お高いです。

手の甲や指だけを脱毛するなら、サロンやクリニックで脱毛してもらったほうが安く済みます。

しかし、これ一台で全身に使えると考えれば安いです。

「ヒゲには効果ない」という口コミもありますが、ヒゲ以外の部位はケノンで脱毛できたという声もたくさんあります。

まとめ:毎週剃るのが面倒な人は永久脱毛!

以上、男の「手の甲&指毛」処理方法まとめでした。

私は実際に色々な方法を試しましたが、自宅で処理するなら結局「剃る」のが一番ラクです。

ブラジリアンワックスや除毛クリームは部位によっては便利ですが、指や手の甲にはイマイチ向いてません。

「剃るのも面倒!」という人は、永久脱毛してしまいましょう。

オススメは通常1本108円~のところ、初回1000円で150本(およそ16200円分!)脱毛してもらえる「メンズTBC」の「カラダ脱毛体験コース」です。

この記事をシェアする
全身脱毛